こちらは大学生の時、パートタイマーにとことん励んでいました。

ぼくは大学生の時、アルバイトにとことん励んでいました。理由は2つあります。一部視線はお金を稼いで、他国ピクニックをしたかったから。二つ視線は、少なく社会に出たかったからです。ぼくは何だか小さい頃から、大人陣のコミュニティに注目がありました。アルバイトを通じて広い時期の人間と共に暮らせる事が結構楽しかったのです。
初めてのアルバイトはハイスクール三時代の時でした。高校なので動ける位置も限られていて、近所のドーナツ屋ちゃんでアルバイトをしました。初めは気掛かりといったストレスで思い付か案件だらけでしたが、しだいに慣れてくるとドーナツを器に集めるのが楽しくて楽しくて仕方ありませんでした。大学生になると、結婚式職員として配膳を主に行っていました。片手でお皿を4枚持つのですが、これが辛くて、お皿を落としかけた事が多々あります…笑 もどうしてもアルバイトは面白く、周囲の自身といった交流をしながらお金を勝てる事は、ぼくにおいていとも有意義な時だったのだと今でも思います。
社会人になると、職を変える事は簡単には出来ませんが、アルバイトという登用体裁だからこそ、色んな体験をする事が大切だとぼくは思っています。http://www.etamima.com/