学徒現代は、陶芸の部活に夢中になっていました。

学生年は、陶芸の部活に夢中になっていました。部室には、陶芸のアトリエはもちろん陶芸窯も備えつけられてあり、作品陶から窯焚きまで本人たちで行いました。自由に出入りできる結果、プランの暇や放課後など好きな時間に立ち寄っていました。

陶芸の魅力は、自分で作った力作を普段のライフの中で活かしくださることです。マグカップやお茶碗など食器を作って自分で使ったり、それぞれや一家にプレゼントするのも楽しみです。外食やお買いもの地で陶器などを見かけても、「今度はあんな食器を作ろうかな」といった常に陶芸によっていました。

陶芸部の会合には、カテゴリー一回のワークショップ周遊や習慣祭がありました。ワークショップ周遊では、信楽焼や萩焼など全国の窯地点を訪ね、旅立ちってあわせて作品陶思い出ができるのも結構売りでした。
習慣祭では、陶芸力作の表現のほか、陶器の即売会も行いました。自分で作った力作に人物が興味を持ってくださったり、購入してなくなることはかなりうれしいキャリアでした。おすすめはこちら!