僕が得意なことは図書を書くことです。

 我々が得意なことは本を書くことです。元々リーディングが好きで、小学校の間からお粗末ながら書くことを続けてきました。カレッジでは専門の演習も行い、頼もしいといえるようなクォリティではありませんが、自分の得意な商品といった問われて一番に考え付くのは断然それだ。本を書く状況の魅力はどうしても、内面をアクティベーションとれるに関してだ。一度会ってみたいなというサタンや人外のものについてを書くのも当然おかしいですし、こうなりたいというメンタリティのアイデンティティーや恋を模型にしたアイデンティティーを作中に登場させてみるのもうれしいだ。本を書く状況の魅力は多々ありますが、特別楽しいのは身を知れることだと思います。身に関しまして書いている腹積もりがなくても、作の中には「身」が現れます。何作品も書いてみるといった、全く違う演説のものを書いているのにどっか共通点が生まれて、それが自分の根底にある哲学・哲学ですという知ることができます。みなさんもできるだけ一度短くてもいいので本を書いて下さい。「賢く」「楽しく」書く必要はありません。押し込めてしまっていらっしゃる「自分」の成功の一つのテクとしてお勧めします。おすすめはこちら!